記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

180311 ミニトマトの苗を畑に移動した

2018年3月11日(日)

部屋で種まきをして無事発芽したミニトマトでしたが、
乾燥を防ぐためにかぶせた新聞紙を取るのが遅れて、もやし状態になってしまいました。
その後、低温を保ちながら、晴れて風のない日が来るのを待っていましたが、
今日やっと天気が落ち着いたので、畑の苗床に移動できました。

発芽率は98.6%(まいた種数は72粒)
発芽後の低温管理のせいか、大きさもほぼそろっています。
発芽までは大成功と言ってよいでしょう。

naedoko.jpg 

苗床は、小さ目のトンネルアーチを20cm間隔で立てて不織布を被せたシンプルなもの。
雨も当たりますし、朝方は気温も下がります。
それでも「じかまき」するよりははるかに育苗しやすいです。

トマト苗 

中には、大工さんからただでもらった角材と木の板で平たい台を。
その上に、どーんとセルトレイを置きました。

DSC_0091.jpg 

写真で見ると葉っぱは少し色が薄めですが、
真っ白いもやし君たちが、よくぞここまで回復してくれたといった状態です。
ゆるめの追肥で徐々に木を作っていきましょう。
温度や雨の状態に合わせて、追肥は調節します。

4月上旬には定植の予定です。
それまでに根鉢がしっかり巻いてくれたら、セルトレイでの育苗も大成功というところです。
本葉の数や背丈はあまり重要ではありません。
生長点付近の形と全体の色で、生育の良し悪しは判断したいと思います。

まだちょっと寒いけど、
がんばれ~!ミニトマト!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まーろん

Author:まーろん
昭和50年生まれ(うさぎ年)
B型 かに座 男 愛知県
家庭菜園アドバイザーが本気出してみます。

住宅地の中の市民農園 30坪 野菜
お財布に優しい低コストが結果的に人と自然にも優しい!(どうやら減農薬、減化学肥料)
自然農法なんて知らないけど、畑は草だらけ!まーろん農法!
できた野菜は、近所の人に無料であげてます。(今年は種、肥料代をまかなうために販売を予定)

ご訪問者数

他の家庭菜園ブログも見てみる

にほんブログ村というランキングサイトに参加しています。みなさんからの一日1回のクリックで、このブログの順位が上がる仕組みです。今日の記事は、ためになったなぁ、そんな時はぜひご協力お願いします。(↓こちらをクリック)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アマゾンを活用してみる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。