記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

180304 ホウレンソウの芽が出た

2018年3月4日(日)

こんにちは、まーろんです。
ほんとに大したことじゃないんですが、、ホウレンソウの芽が出ました!

DSC_0069.jpg 

種をまいたのが先週の今日。
ちょうど一週間で発芽となりました。数本、芽が出ているので、これから次々と発芽が続くことでしょう。
出てきたばかりで、まだ緑がのっていませんね。発芽に勢いがあって葉緑体を作るのが間に合わないからでしょうか。それとも、窒素がうまいこと吸えてない?その辺はこれから数日かけて見極めましょう。とにかく、土づくりあとの一発目の発芽はなんともほっとするものです。これからここがホウレンソウの森になっていきます!!なっていくはず!なるといいなぁ。。

同じ要領で、畝の続きに、今日は1mほど、さらに種をまきました
週一ペースで種をまき続けてみましょう。



さて、発芽も始まったので、防風柵の方も急いで設置しなくてはいけません。
パイプハウス用の鉄パイプにさび止めを塗って、サクビかなんかの硬めのビニールでがっちり作ろうと思っていたのですが、昨日、財布を覗いてびっくり。。

ゴホンっ
えー、今回は、手元にあるもので即席に作りたいと思います!

材料:
●昨年、キュウリの棚に使った竹の棒。(雨ざらしだったのでボロボロ。買うと2mほどで80円くらいかな)
留め具 15個(一個30円くらいのやつ)
防風ネット(これもやっぱりボロボロのやつ。値段は忘れた。)
糸鋸(100円均一)
●太目の麻紐 20m×2本(100円均一)
針金ハンガー(家にあったやつ)


借りている市民農園ですし、あんまりごっついの立ててしまうと周囲の目を引いてしまいますから、このくらいがちょうど良いでしょう。まぁ、これは言い訳ですが、借地農家だと誰しも当たる壁だったりもします。農地は、自前のものが良いです。

まず、2~3mある竹の棒を柱に必要な本数、程よい長さに糸鋸で切りそろえます。
人の家の敷地側は、あまり閉塞感が出ないよう低めにするため、短めの105cm。
奥の隣の畑との境は、高めの140cmに切りそろえました。

柵の支柱をざっくり1m間隔に立てて、その上端をつなぐように、切っていない長い棒を固定します。

DSC_0071.jpg 

これで骨組みができました。
肝心の防風ネットをどう張るか、実は、まだ悩んでいます。針金ハンガーを縫い針代わりにして、麻紐で縫ってみようかな、と思案中。

asahimo.jpg 

完成は、トウモロコシの発芽に間に合えばいいでしょう!それでは、また!



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まーろん

Author:まーろん
昭和50年生まれ(うさぎ年)
B型 かに座 男 愛知県
家庭菜園アドバイザーが本気出してみます。

住宅地の中の市民農園 30坪 野菜
お財布に優しい低コストが結果的に人と自然にも優しい!(どうやら減農薬、減化学肥料)
自然農法なんて知らないけど、畑は草だらけ!まーろん農法!
できた野菜は、近所の人に無料であげてます。(今年は種、肥料代をまかなうために販売を予定)

ご訪問者数

他の家庭菜園ブログも見てみる

にほんブログ村というランキングサイトに参加しています。みなさんからの一日1回のクリックで、このブログの順位が上がる仕組みです。今日の記事は、ためになったなぁ、そんな時はぜひご協力お願いします。(↓こちらをクリック)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アマゾンを活用してみる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。