記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

180228 ミニトマトの種をまいた

畑に何もないので、スーパーのお弁当を食べているボクです。あーぁ、小松菜くらい繋いでおけばよかったかなぁ。



夏野菜、何を植えようかな、と考えてはじめに思い浮かぶのはトマト。トマトは、環境の変化がすぐに育ちに表れるので、畑の状態のバロメーターになります。花芽がとんでしまうと、窒素がおおかったのかなぁとか。徒長して(背だけ伸びてヒョロヒョロになって)しまうと、水が多かったのかなぁとか。生理的な奇形や枯れでもいろいろなことが分かる作物です。ただ、反応が良すぎて情報に振り回され、要らない心配が尽きないし、天候に左右される完全露地栽培では、味も姿もキレイに育てるのってほんと難しいです。奥が深い。

畑180222pr01 

今回はミニトマト「プレミアムルビーにしました。大玉トマトよりも少し育てやすいですし、食べてくれる人の需要の高さを考えると、ミニの方が良いような、気がしました。気がしただけです。

最近流行の中玉トマトは、去年植えてみて、大粒の甘いのが採れれば良いのですが、甘くない大味の小さめ普通トマトになってしまうと、使い勝手が悪くて消費に苦労しました。露地栽培ではちょっとしたギャンブルですね。

基本的な育て方は大玉もミニも(大雑把なボクには)さほど変わらないです。

畑180222pr02 

ホームセンターで袋を手に取り、種の袋の裏を一生懸命読みますが、「生産地インド」とか、どうでもいいところに目がいき、それも三歩あるくと忘れてしまいます。結局、作付は自己流になってしまいます。

ただ今回は、袋裏の小さな写真に目が止まりました。実が成ったときの房の形です。もしこの写真が本当なら(それすら信じてないw)わりと実が大きくなるなぁ、と。それと、一本の房に10個ほどの実が付くタイプのミニトマトなら、味をのせやすいかな、と思いつき、そんな理由で、この品種にしてみました。あと、有名どころの中玉トマトよりもはるかに安かったし。

畑180222pr 

家に帰ってから、袋をあけ、種の数を数えました。トマトは品種によって一袋に入っている種の数がバラバラです。お高い品種だと、ホームセンターで手に入るものでも、一袋に15粒しか入っていないなんてこともありますね。

今回は72粒、種が入っていました。

タキイ培土 

室内でセルトレーを使って発芽させます。育苗というほど大きな苗にする予定はないので、自分の部屋の片隅で、こっそりやります。使う土は、有名どころ、タキイのたねまき培土。他にも種まき用の培土はいろいろありますが、肥料がわりと濃く入っているので、発芽後の初期生育に重きをおくときはこれがいいと思っています。大苗に仕上げるときは、「与作N-100」。花卉の挿し木に使われるやつですが、肥料が少なめで追肥で加減できるので使いやすいです。市販の培土をわざわざ買って使う理由は、畑の土だとわんさか湧いた微生物が種を腐らせてしまう心配がありますし、小さな苗が病気で全滅なんてことも起こりえるからです。

バケツ潅水 

ひとまずバケツに適量を入れ、水を足して、洗った手でこねます。手で握るとかたまりになるくらいの水分が目安ですかね。

128穴セルトレー 

セルトレイ、今回は128穴のものを使いました。発芽から本葉1、2枚までならこれでいけるかな。

新聞被覆 

セル一つに種を一粒ずつ落として、バケツから一つまみ、土をかぶせます。指で軽く押さえて種まき完了。濡らした新聞紙をかぶせて、水分変化がなるべくないようにします。水かけは、この新聞が渇き始めたら、新聞の上から水をかけます。新聞が常に濡れていれば、土に水をかけなくていいですから。

芽が出るまでは、部屋に置いてこまめに新聞をめくっては芽が出ていないか確認。
芽が出たら新聞はすぐにとらないといけませんから、この期間はわりと緊張しますね。




先日、岐阜県の恵那峡というところに行ってきました。

水鳥が集まり、バードウオッチングには良かったです。そばの売店の五平餅が絶品でした。お店の気さくで可愛いおばちゃんとしばし談笑。いやぁ、癒されました~。
ここ、実は大正時代に、川をせき止めてできた人工のダム湖だそうで。当時の土木技術だと大変な苦労があったことがうかがえます。ですが、今や風光明媚な大自然スポットです。

桜の咲くころ、また行きたいな。

恵那峡01 

恵那峡02 

カモシカが2頭こちらを見ていました。
またね!




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まーろん

Author:まーろん
昭和50年生まれ(うさぎ年)
B型 かに座 男 愛知県
家庭菜園アドバイザーが本気出してみます。

住宅地の中の市民農園 30坪 野菜
お財布に優しい低コストが結果的に人と自然にも優しい!(どうやら減農薬、減化学肥料)
自然農法なんて知らないけど、畑は草だらけ!まーろん農法!
できた野菜は、近所の人に無料であげてます。(今年は種、肥料代をまかなうために販売を予定)

ご訪問者数

他の家庭菜園ブログも見てみる

にほんブログ村というランキングサイトに参加しています。みなさんからの一日1回のクリックで、このブログの順位が上がる仕組みです。今日の記事は、ためになったなぁ、そんな時はぜひご協力お願いします。(↓こちらをクリック)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アマゾンを活用してみる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。