記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

180225 トウモロコシの種をまいた

平昌オリンピックが終わるとテレビをつける理由が無くて、気が付くと静かな部屋でうたたね。風邪ひいちゃうよ。そだねー。うんー。こんにちは。まーろんです。

2018年2月25日(日)

さてさて、ホウレンソウ、ジャガイモに続き、トウモロコシの種をまきました。

種 ゴールドラッシュ 

まいた品種は「ゴールドラッシュ」。これも一般的なトウモロコシです。
トウモロコシ作付 
種は、1畝20mに、株間45cmで二条千鳥で一粒ずつまきました。
発芽しないところが、歯抜けになるのも覚悟の上です。実は、種の個数を計算するときに2粒ずつまくことを忘れていてこうなりました。どんまい、おれ!

畑180225T05 

まず、畝の上に目安となる紐を一本ぴーんと張ります。
これに沿って目盛り棒で種を落とす場所を確認したら、飲み物のビンで穴をあけます。

畑180225T04 

ビンであけた大きな穴の中に、さらに指先で穴をあけて、種を落とし、大きな穴を崩さないように、浅く埋めます。
「え?なにそれ?」そんな声が聞こえてきそうですが、こうすることで、水分が安定した深いところに種を落とすことができ、かつ、ちゃんと子葉が地表に出ることができます。あと、発芽後の風よけにもなります。

ただし、トウモロコシの種を食べにくる鳥に「ここに種ありますよ」と言っているようなものなので、必ず鳥対策をしないといけません。

畑180225T03 

種をまき終わったら、水をゆっくりと、たっぷりかけます。この時も、ビンであけた大きな穴がなるべく崩れないように気を付けます。それでも多少は穴が崩れて、いい感じに種が埋まりました。

畑180225T02 

鳥対策だったり、保温や防風のために、不織布をかけました。これで草丈30cmくらいまではすくすくと育つはず。

DSC_0044.jpg 

種をまいた25日から二日後の27日の様子です。
あれから一度も水はかけず、天気も晴れていました。水はけの良い畑ですが、ほら、穴の底は湿っているでしょ?これで発芽がぐんぐん進みます!
(でもこれ以上ほっとくと穴の底まで乾いてしまうので、このあとまたお水をかけました。)



次回は、オクラの種まきです!それでは!





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まーろん

Author:まーろん
昭和50年生まれ(うさぎ年)
B型 かに座 男 愛知県
家庭菜園アドバイザーが本気出してみます。

住宅地の中の市民農園 30坪 野菜
お財布に優しい低コストが結果的に人と自然にも優しい!(どうやら減農薬、減化学肥料)
自然農法なんて知らないけど、畑は草だらけ!まーろん農法!
できた野菜は、近所の人に無料であげてます。(今年は種、肥料代をまかなうために販売を予定)

ご訪問者数

他の家庭菜園ブログも見てみる

にほんブログ村というランキングサイトに参加しています。みなさんからの一日1回のクリックで、このブログの順位が上がる仕組みです。今日の記事は、ためになったなぁ、そんな時はぜひご協力お願いします。(↓こちらをクリック)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アマゾンを活用してみる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。